topimage

2017 - 11

スポンサーサイト *:.。. .。.:* -- - --.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に下がるホルモン数値 *:.。. .。.:* 2011 - 08.31 Wed


さらに下がってました(泣)

今日は、甲状腺機能低下症になってから2週間目の定期検診の日でした。
前回、亢進症から低下症になってしまい、ヨウ素剤 「ヨウ化カリウム丸」を
一旦中止し、薬を飲まない状態で2週間様子を見ていた私。

薬を止めたんだから当然甲状腺ホルモンは上がってくると思いきや???
この辺が甲状腺の厄介なところで、更に数値が下がっていた。(呆然)

猛烈ショック!


●今回の血液検査の結果↓

甲状腺から分泌されるホルモン 
FT4 基準値 (0.80~1.60) 0.29  前回 1.3

甲状腺ホルモンの分泌を促がすホルモン  
TSH 基準値 (0.20~4.50) 101.90 前回 46.57


っていうか、TSHの数値が笑えるほど高い(笑) ・・・・・(-_-) 笑えん。
そして医師から色々説明を聞く。

13149290585430.jpg

医師 「通常、バセドウ病の場合、薬を止めると甲状腺ホルモンは上がってくるとこ
    どんどん下がってるから、無痛性甲状腺炎の可能性が高いんだけど、問題
    の抗体が高いままなので、あと少し様子を診ていきましょう。あと、このまま
    下がりすぎるとまずいので、少し薬を飲みましょうか。」

前回同様、この病気に関しては、3ヶ月から半年くらい血液検査で数値の変化を調べ
ないとハッキリしたことが分からないことは聞いていたので、それは置いといて・・・
甲状腺炎だと、低下症のまま一生治らない人がいるらしいので、そっちの方が恐怖!
とにかく、今の私は自力でホルモンを出せない状態になってるのは確かなので、今回は
薬が処方されました。

チラーヂンS錠 25 毎朝1錠。

※チラーヂンは、甲状腺ホルモンの不足を補う薬で、調剤表にずらーっと書かれた
副作用としては、甲状腺機能亢進症の時に出ていた症状が出るかもってことです。

・副作用・
動悸、脈が速い、脈の乱れ、手足の震え、不眠、頭痛、めまい、発汗、神経過敏
食欲減退、吐く、下痢、筋肉痛、体重減少、脱力感、皮膚が痒くなる、発疹、肝機能
異常
、その他書ききれないほどの注意が↓

13149316923550.jpg

私としては、亢進症の時の症状より、低下症の時の症状の方がキツイ感じがします。
脈は遅いし、普通にしてても猛烈重い物を持った後みたいに腕がすごーーくだるくて
箸も持てないほど。服を着るのも大変だし、ガタガタ寒いし、めまいでクラクラするし
横になってても体全体がしんどくて正直参っています。(汗)

次回は、2週間を空けず検査になりますが、薬が効いてくれることを祈るばかり。


※続きがよく分からない方は、カレンダーを追って読んで下さい。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

誕生日に病院 «  | BLOG TOP |  » 甲状腺機能低下症に

プロフィール

☆ぱそ

Author:☆ぱそ
ブログテーマ「バセドウ病」

何かと病弱で、健康でいられる事の方が少ない人生ですが、その時その時一生懸命病気と向き合い、絶対治すんだ!という気合だけは人一倍強い女です(笑) しかし・・・いつも治りにくい病気ばかりに見舞われる運命のようです。「健康のためなら死んでもいい」というほどの健康オタクでもあります。

最新記事

カテゴリ

はじめのご挨拶 (1)
発病 (1)
初めての受診(総合病院) (1)
内分泌科へ(総合病院) (1)
甲状腺疾患専門病院(初診) (1)
薬の副作用 (1)
転院を決意 (1)
診断(総合病院) (2)
甲状腺専門病院診察(その後) (5)
ブドウ糖負荷試験 (1)
甲状腺機能低下症・症状 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

QR

QR

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。