topimage

2019 - 08

転院を決意 *:.。. .。.:* 2011 - 07.05 Tue


何でこんなことになっちゃったの?

食事も神経質なくらい気を配って、嫌いな物も無理に食べ、好きな物も我慢して
一生懸命健康維持を心がけ、発病する数日前も、水泳に通おうとオンライン申し
込みまでしていたのに。。。

まぁむかついた。これからはジュースの代わりに油やバター飲んで、加工食品
食べ放題、農薬たっぷりの野菜ばっかり食べてやるから!

(そんなことしても病気は治らないし頭おかしくなったのか?(笑)

そして・・・

この系統の病気は、専門病院の方がいい気がする。に行き着いた。

10_img01.jpg

総合病院の内分泌科で、疑わしい病名がいくつか出て、追加で行った血液検査
(抗TSHレセプター抗体)の結果が分かるのが一週間後ということと、内分泌科は
あれど、甲状腺専門医が居ないということで、その血液検査を待たずして、甲状腺
疾患の専門病院に転院することを決めました。

なぜ?

以前、婦人科系の病気をした時に、どこの病院でも診断がつかず、6年も苦しんで
発見された時にはかなり進行した状態で、そこから全国の病院を転々として治療を
始めましたが、すでに手遅れに近い状態で手の施しようが無かった。

最終的には、私が患っていた病気の専門病院が国内で初めて開業したのをきっかけに
そこで手術をし、完治した経験がある。
だから、ある程度病気が絞られてきた場合は、専門医に早めに診断をつけてもらって
早期に治療を開始した方が絶対に良い気がします。

特に甲状腺の病気でバセドウだった場合、かなり長期にかけて治療を行う必要があるし
薬の副作用など諸々、調整がうまくいかないと一生苦しむことにもなりかねない。

そこで、甲状腺疾患専門病院で有名な「伊藤病院」というところが東京にあることを知り
そこの診療連携施設が愛知県にもあることが分かり、早速私は予約を取った。

あー神様 

どうか異常値が一過性のものでありますように。


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

☆ぱそ

Author:☆ぱそ
ブログテーマ「バセドウ病」

何かと病弱で、健康でいられる事の方が少ない人生ですが、その時その時一生懸命病気と向き合い、絶対治すんだ!という気合だけは人一倍強い女です(笑) しかし・・・いつも治りにくい病気ばかりに見舞われる運命のようです。「健康のためなら死んでもいい」というほどの健康オタクでもあります。

最新記事

カテゴリ

はじめのご挨拶 (1)
発病 (1)
初めての受診(総合病院) (1)
内分泌科へ(総合病院) (1)
甲状腺疾患専門病院(初診) (1)
薬の副作用 (1)
転院を決意 (1)
診断(総合病院) (2)
甲状腺専門病院診察(その後) (5)
ブドウ糖負荷試験 (1)
甲状腺機能低下症・症状 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

QR

QR

最新コメント