topimage

2017 - 11

スポンサーサイト *:.。. .。.:* -- - --.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌科へ *:.。. .。.:* 2011 - 07.05 Tue


ったく、ややこしい病気にばかりなるなぁ~ホントにもぉ~という気分のまま
発病から5日目。

ひどい動悸と頻脈から、総合病院の循環器科で血液検査を受けたところ
血液中の甲状腺ホルモンが異常値だったので、同じ院内の内分泌科の
診察を受けることになり、今日はその診察日でした。

前回と違って予約を取ってあったので、ほとんど待つ必要はなかったのに
またしても例の問診表に手間取り(書くこと多すぎて!)一度呼ばれたのに
書き終わらない私のせいでスムーズに進みませんでした。(苦笑)

そして診察室へ・・・

内分泌科の医師は、初診の時の血液検査のデータを見ながらいくつか問診。
ここでは、初診の時の医師2人に聞かれた内容も含めて書きます。
カテゴリ 「発病」 に書いた私の気になっていた症状を参照しながらどうぞ。

医師 「動悸は前からありました?」
前はそんなにありません。

医師 「最近風邪をひいたことはありますか?」
ひどい風邪をひいて一ヶ月続きました。

医師 「目が乾いたり、物が二重に見えたりすることはありますか?」
あります。

医師 「イライラしやすいですか?」
危険を感じるほど。

医師 「最近、早口になったと言われたことはないですか?」
早口は昔からですが、一気に話さないと気が済まない感じです。

医師 「お腹がよく空くことは?体重が減ったり増えたりとか」
あります。4㌔増えてダイエットしてます。

医師 「両手を伸ばして前に出してください」
はい。

医師 「震えてますね」

えーーーーーー!

震えてますねと言われたあとの数分間、本当に私の手震えてる?ということに
頭が集中してしまって、その後はまったく医師の話を聞いていませんでした。(呆)

結局、前回の血液検査では、甲状腺ホルモン(FT3、FT4 、TSH)しか調べてない
ので、病名をハッキリさせるために、更に血液検査で、抗TSHレセプター抗体(TRAb)
の数値を確認して診断しましょうということで、心拍数を抑えるインデラルというお薬
を処方してもらってこの日は終了。

この時点での疑わしい病気は 「無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、パセドウ」
血液検査の結果が出るまで一週間。またしても安静の指示。

私はそんなに待てない女です。



記録--------------------------------------------------------------
FT3 基準値 (2.39~4.06) 6.47 
FT4 基準値 (0.71~1.52) 2.92 
TSH 基準値 (0.541~4.261) 0.005
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

☆ぱそ

Author:☆ぱそ
ブログテーマ「バセドウ病」

何かと病弱で、健康でいられる事の方が少ない人生ですが、その時その時一生懸命病気と向き合い、絶対治すんだ!という気合だけは人一倍強い女です(笑) しかし・・・いつも治りにくい病気ばかりに見舞われる運命のようです。「健康のためなら死んでもいい」というほどの健康オタクでもあります。

最新記事

カテゴリ

はじめのご挨拶 (1)
発病 (1)
初めての受診(総合病院) (1)
内分泌科へ(総合病院) (1)
甲状腺疾患専門病院(初診) (1)
薬の副作用 (1)
転院を決意 (1)
診断(総合病院) (2)
甲状腺専門病院診察(その後) (5)
ブドウ糖負荷試験 (1)
甲状腺機能低下症・症状 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

QR

QR

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。